音戸の瀬戸

呉市 スポット

呉市の警固屋町と音戸町の間を流れる幅90mの海峡「音戸の瀬戸」は、平清盛が夕日を招き返して1日で切り開いたという伝説のある名勝地です。

幅90mの海峡には日本一短い定期航路「音戸渡船」があり、多くの大型船が往来する迫力と急流渦巻く瀬戸を間近に感じることができます。

また、音戸の瀬戸には1961(昭和36)年に瀬戸内海初の有料道路橋(現在は無料)として開通した音戸大橋と、2013(平成25)年に開通した第二音戸大橋(愛称:日招き大橋)が架かり、1つの海峡に2つの橋がかかる日本では珍しい景観を作り出しています。

さらに、警固屋町側にある音戸の瀬戸公園は、3月下旬から4月上旬には約2300本の桜が、4月下旬から5月上旬には約8300本の紅白のツツジが咲き乱れ、真紅の「音戸大橋」とマッチした素晴らしい景観が楽しめます。

住所 広島県呉市警固屋
URL http://www.kure-kankou.jp/spot.html?id=41