“くれまち”旅日記
Diary #5

音戸と倉橋島をふらっと、島旅。

呉市の中心部から音戸と倉橋島へショートドライブ。
音戸大橋を抜けて、倉橋島で海沿いのカフェ巡り。
桂浜を散歩したら、癒しの温泉へ。
心も体も溶きほぐしてくれる、まったり島旅へ。

音戸の瀬戸
潮の流れが速い本土から倉橋島の海峡を武将・平清盛が
夕日を招き戻して一日で切り開いたという伝説があるそう。

2つの赤い大きな橋が見渡せる音戸の瀬戸公園では、
4月頃になると桜やツツジの花で満開に。
また、日本一短い渡船で海峡を渡る体験もできるよ!

音戸渡船運航情報はこちら↓
https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/28/ondo-tosen.html
音戸の町並み
音戸大橋のすぐたもとにある、ノスタルジックな町並みを散策。
短い路地を歩くと、タイムスリップした気分に。
『天仁庵 diminish』で、美味しいベーカリーを手に入れたら、
向かい側にある呉服屋を改装した『天仁庵』の店内で頂けます。

海の景色が見たくて、
音戸の北側の海岸にある『5Coffee Market』 でのんびりカフェタイム。
海の景色と静かな時間を過ごせて最高!
桂浜
倉橋島の一番の絶景スポットである桂浜。
南向きのビーチは、日本の渚百選に選ばれた景色が広がる。
松林の奥に臨む、静かな海の音と
透き通るような砂浜で心も体もうっとり。

7月〜8月は『桂浜キャンプ場』も人気スポットに。
6月頃に始まる予約は出来るだけ早く予約した方がいいみたい!
詳しい情報は次のリンクへ↓
http://icou-kurahashi.com/campsite/


桂浜の周辺
歩き疲れたら、『seaside cafe ALPHA』へ。
お気に入りの一冊を手にとったら
桂浜のビーチが見渡せる窓際の席で、リラックスタイム。
ここでは、イギリスのクランペットなどメニューが盛りだくさん!

桂浜のすぐそばにある、桂浜温泉館へ!
ここの温泉は20種類以上の効能があって、とても体にいいみたい。

『長門の造船歴史館』と『倉橋歴史民俗資料館』では、
遣唐使船や造船で栄えた倉橋の歴史を学ぶことができるよ!

seaside cafe ALPHA 公式HP:https://seasidecafe-alpha.com/
桂浜温泉館 公式HP:http://katsuragahama-spa.com/aboutspa/

長門の造船歴史館 呉市HP:https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/67/m000161.html
倉橋歴史民俗資料館 呉市HP:https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/67/m000228.html


倉橋のとっておきグルメ
地域活性化のために開発された『倉橋島お宝フリット』は、
倉橋の旬の食材が詰まった一品。

驚きの食材は倉橋名産お宝トマトとちりめん、そして、シロザメ!
春夏が旬を迎えるお宝トマトと倉橋ちりめんは、ぜひトライして!

dancyu 紹介HP:https://dancyu.jp/read/2019_00001353.html


  旅日記 一覧に戻る
旅日記 一覧に戻る
今回訪問した場所